ホーム > こどもたちのために

社会福祉法人天竜厚生会の保育・教育とは・・・

保育・教育理念

感情豊かで「生きる力」をそなえた子どもを育てるために

保育・教育方針

家庭を基礎に家族・友だち・保育者・地域の人々など豊かな人間関係の 中で愛される喜びを知り、他を愛することができる心を育みます。

子どもたちの健やかな心身の発達の場として、家族と地域と協力し、 様々な活動を通して、一人ひとりを尊重し「生きる力」を育みます。

  • 全事業
  • 保育所
  • 放課後児童クラブ
  • 子育て支援ひろば
    親子ひろば
    地域子育て支援センター
  • 児童発達支援事業
    放課後等デイサービス事業

放課後児童クラブ

就労等の事由により昼間保護者が家庭にいない小学校に就学する児童を対象に、放課後や土曜日、春・夏・冬休み等の学校休業日に家庭にかわる生活の場を提供するとともに、児童の健全な育成を支援します。

子育て支援ひろば・親子ひろば・地域子育て支援センター

地域の乳幼児およびその保護者を対象に、交流の場や活動を提供します。また、子育て相談や子育てに関わる情報の提供を行います。
子育て支援ひろば・地域子育て支援センターは専用室で専属の職員が対応します。

児童発達支援事業・放課後等デイサービス事業

【児童発達支援事業】

療育を必要とする未就学児を対象とした通所施設です。集団療育・個別療育を通して、日常生活における基本動作や知識技術を取得し、集団生活に適応できるよう支援を行います。

【放課後等デイサービス事業】

療育を必要とする主に6~18歳(小中高校の就学児童・生徒)を対象とした通所施設です。学校の授業終了後や長期休暇中などに通い、学校外での集団生活を行う機会や居場所をつくるとともに、生活能力の向上・社会との交流を目的に支援を行います。