みゅうの丘協議会とは

浜北区於呂から天竜区渡ヶ島にまたがるこの丘は、「医療(天竜病院)」「教育(天竜特別支援学校)」「福祉(天竜厚生会)」の3つの施設が隣接しています。その特徴・強みを活かしていこうと、平成22年度から、Medication(医療)・Education(教育)・Welfare(福祉)の連携エリア『MEW=みゅうの丘』をスタートさせました。
みゅうの丘協議会とは「医療・教育・福祉」三者連携の協議会を指します。

ロゴについて

「みゅうの丘」のMW3つのアルファベットを、円を変形させた親しみやすい形にデザインしました。

医療教育福祉を、緑(天竜病院)、オレンジ(天竜特別支援学校)、黄(天竜厚生会)を使い、見た目にもわかりやすく表しています。

3つのアルファベットを丘の上に配置する事で、三者の連携のエリアを表現しています。

デザイン:天竜特別支援学校職員

ページの先頭へ戻る

協議内容について

みゅうの丘協議会は、「年3回の定例会(それぞれのトップが一堂に介した会議)」と連携課題に応じた7つのワーキンググループを基本としています。

定例会

例えば・・・

防災関係

三者合同防災訓練
防災連絡路の開通

地域発信

外部イベントでの連携

就労関係

天竜特支卒業→厚生会移行支援→天竜病院で雇用というルートで就労実現!
週に1回(火)天竜特支高等部生が厚生会でトライアル実習を行う。

実際の取り組み・活動については、「活動紹介」ページにてご紹介します!

活動紹介ページ >>

ページの先頭へ戻る