ホーム > こどもたちのために > 保育なんでも相談1

1号認定と2号認定と3号認定の違いは何ですか?

お住まいの市町村による“3つの区分の認定”に応じて、利用可能な施設が決まってきます。

【1号認定】

お子さんが3歳児以上で、教育を希望される場合に該当します。利用先は幼稚園・認定こども園になります。

【2号認定】

お子さんが3歳児以上で、「就労」「妊娠・出産」「保護者の疾病・障害」「同居又は長期入院等している親族の介護・看護」等の保育の必要な事由に該当し、保育所等での保育を希望される場合に該当します。利用先は保育所・認定こども園になります。

【3号認定】

お子さんが3歳児未満で、「就労」「妊娠・出産」「保護者の疾病・障害」「同居又は長期入院等している親族の介護・看護」等の保育の必要な事由に該当し、保育所等での保育を希望される場合に該当します。利用先は保育所・認定こども園・地域型保育になります。

認定こども園(幼保連携型)と従来の幼稚園、保育園の違いは何ですか?

【1号認定】

従来の幼稚園に通う場合と比べて大きな違いはありません。「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」に基づく教育を受けながら、預かり保育が充実していること、0~2歳児(3号認定のお子さん)との身近な触れ合いを通じて、小さい子(弟・妹)への思いやりの心が育まれます。

【2・3号認定】

2号認定のお子さんにとっては、保育園と違い、「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」に基づく教育・保育を受けられます。
また、保育所を利用するためには両親が共に就労しているなど、家庭において保育を行うことができない、いわゆる「保育の必要性」の認定を受けなければなりません。そのため、利用開始後に保護者が退職するなど、保育の必要性の認定要件を満たすことができなくなった場合、保育所であれば決められた期間内に退所しなければなりませんが、認定こども園の場合は1号認定に切り替えたうえで現在の園に通い続けることができます。

子どもを入園させたいのですが、どうすればよいですか?

【1号認定】

就労の有無に関係なく入園可能です。入園にあたり優先順位があります。入園をご希望される方は、ご希望される園にお問い合わせください。

【2・3号認定】

保護者の就労の状況に応じて認定が異なります。また、その他、家庭の状況等の緊急度が入園判定に加味されます。待機児童の多いエリアでは、入園にあたり優先順位がありますので入園待ちとなることもあります。入園をご希望される方は、市町村窓口やご希望される園にお問い合わせください。

こども園・保育園に入園できる年齢は何歳からですか?

【1号認定】

当法人が運営する幼保連携型認定こども園は、4月1日現在、3歳児以上から入園可能です。詳しくは、ご希望される園にお問い合わせください。

【2・3号認定】

生後8週間から小学校就学前までの乳幼児をお預かりしています。詳しくは、市町村窓口へお問い合わせください。

こども園・保育園に入園するにはどのような手続きが必要ですか?

【1号認定】

入園の受付は園にて行っています。入園説明会時に入園願書を配布させていただきますので、まずは入園説明会に参加してください。入園願書に必要事項を記入の上、園に提出してください。入園決定後、支給認定申請書・保育料算定調査票に必要事項を記入し、園に提出してください。園から入園許可証と認定証をお渡しします。

【2・3号認定】

入園の受付は市町村窓口、保育園(掛川のみ)にて行っています。
所定の入所申込書に必要事項を記入の上、市町村窓口または保育園(掛川のみ)に提出してください。なお、就労証明書、市民税課税証明書等の書類も必要です。
入所申込書提出後、支給認定を受けてから入園が決まります。なお、年度途中の入所につきましては、書類等が市町村窓口にあるため、市町村窓口にお問い合わせください。

市外に住んでいますが、勤め先が市内であり、園を利用したいのですが可能ですか?

【1号認定】

市外の方でも受け入れを行っています。受け入れ状況によっては、お受けできない事もありますので、ご希望される園にお問い合わせください。

【2・3号認定】

市外の方に対しても、広域入所児童として、受け入れを行っているところもあります。しかしながら、待機児童が多いなど、エリアによって受け入れ状況が異なっているのが現状です。各エリア受け入れ状況についてはご希望される市町村にお問い合わせください。

休園日はありますか?

【1号認定】

原則として休園日は、土曜日、日曜日、国民の祝日、春休み、夏休み、冬休みです。土曜日、日曜日、国民の祝日での受け入れは行っておりません。

【2・3号認定】

原則として休園日は日曜日、国民の祝日、年末年始(12月29日~1月3日)です。
浜北エリア、天竜エリアの園では、子育てセンターきぶねと子育てセンターやまびこにて日曜日、国民の祝日に保育を行っています。
また、なぎさ保育園(なぎさ保育園在園児対象)とひだまり保育園部(ひだまり・さやのもり・すずかけっこ保育園、子育てセンターとものもり在園児を対象)、みなみしま保育園(みなみしま・とみがおか保育園在園児対象)で、自主事業として国民の祝日に保育を行っています。

園は朝何時から夕方の何時まで利用できますか?

【1号認定】

午前8時~午後6時まで利用することが可能です。なお、基本教育時間は午前8時半~午後2時までです。基本教育時間外の保育は午前8時~8時半、午後2時~午後6時の範囲でご利用可能で有料となります。詳細につきましては、料金表をご参照の上、ご希望される園までご連絡下さい。

【2・3号認定】

浜北・磐田エリアは午前7時~午後8時、天竜・掛川・湖西エリアは午前7時~午後7時まで利用することが可能です。なお、保育標準時間認定を受ける方の基本教育・保育時間外の保育は午後6時~ご利用可能で有料となります。
保育短時間認定を受ける方の基本教育・保育時間は午前8時半~午後4時半まで、保育短時間時間認定を受ける方の基本保育時間外は午前7時~8時半、午後4時半~ご利用可能で有料となります。
休日保育・一時預かり(一時保育)につきましては、各エリアで利用時間・料金をご確認ください。 詳細につきましては、ご希望される園までご連絡下さい。

保育料については、どこへ問い合わせればよいですか?

保育料については、各市町村にお問い合わせ下さい。
(世帯状況(家族構成・収入等)により、異なります。)。

入園に際して保育料以外にどれぐらいの費用がかかりますか?

通常利用につきましては、布団リース代約1000円前後(希望者のみ)、絵本、保育用品、主食費(2号認定のみ)、給食費(1号認定のみ)、行事等入場料、延長保育料が実費でかかります。詳しくは料金表をご覧下さい。

給食の提供は1号認定にもありますか? また要する費用はいくらぐらいですか?

【1号認定】

手作りの給食を提供します。1食411円かかります。また、預かり保育をご利用時に、ご利用時間に応じておやつを提供させていただく場合があり、1食103円かかります。

【2・3号認定】

入園時で3歳以上児については、主食費(ご飯・パン・麺類等)として、月額約500円~600円ぐらいがかかります。(なお各エリアによって多少金額が異なりますので、詳しくは最寄りの園にご確認ください。)
また休日保育(浜松エリア以外)や一時保育についても、給食費は実費で、1日100円~500円程度かかります。(こちらにつきましても、各エリア、年齢によって異なりますので最寄りの園にご確認ください。)

給食については、アレルギー食にも対応させていただいております。医師が記入した生活管理指導表を基に対応させていただきます。

感染症にかかった場合、園を休まなければいけませんか?

学校保健安全法により、登園停止となる感染症が決められております。詳しくは園より配布される「感染症の登園基準について」をご参照ください。また、登園停止が必要となる感染症にとなった場合、医師が記入した「登園停止」、「登園許可」の通知が必要です。用紙については直接園に取りに来ていただくかダウンロード書式を使用してください。

ページ
トップへ